セルライトを除去するための食事とは?

なんと30代で10代の約半分!?

10代20代の方はご遠慮ください。30代以上でなかなか痩せない理由はこちらです。●●●●がなんと30代で10代の約半分になってしまうからなんです! ⇒ 一生ぽっちゃり、と思っていたのに・・・。

 

スポンサーリンク

セルライトを除去する方法とは?

気になるセルライトをどうにかして除去したいと悩んでいる人は少なくないことでしょう。太ももにできやすいボコボコした凹凸は、セルライトといって脂肪細胞の集まったものです。足を出すことの多くなる季節になると、人目がどうしても気になります。他人の目に触れないようにセルライトを除去したいと思っても、ダイエット効果が出ないことがあります。太ももをマッサージして、代謝を活発にすることが、セルライト除去の方法です。フットマッサージを行って、足の代謝を活性化させることが、太もものセルライト除去に効果的です。入浴後の血行が良くなっているときにマッサージするとより効果が高くなります。お風呂上りの肌が柔らかくなっている状態で、オイルやクリームを使って行うとベストでしょう。セルライト除去に効果がある専用のクリームも販売されています。最初に足の裏をしっかり揉んで、充分に血流がよくなったら膝とふくらはぎを指圧して、ラストに太もものマッサージをします。リンパの流れを改善し、血流をよくするために、足のつま先からスタートして、足の根元へとマッサージをするようにします。お金の問題がありますが、エステでセルライト除去のためのマッサージをしてもらうことで、自己流で行うより高い効果が得られます。

セルライトを除去するための食事

セルライトを除去するために、食事の内容に気をつけているという人がいます。一般的に、マッサージを施すことがセルライトの除去にはいいといいますが、それ以外にも、食事からの取り組みもあります。セルライトができるのは、血流の悪さと、体の冷えにより、体内に留まっている老廃物が脂肪細胞と絡み合ったためです。体の中に老廃物が貯め込まれてしまうのは、冷えが原因で血液の流れが悪くなり、老廃物が運搬されづらくなるからです。体内に老廃物が堆積していると、それが脂肪細胞とつながることで、セルライト状になってしまうわけです。血の巡りが悪いと、新陳代謝の低い体になって基礎代謝量が落ちます。そうなると、使い切れなかったカロリーが脂肪になりますので、体重は増える一方です。ビタミンB群は代謝を高める効果がありますので、ビタミンB群の多い食事をすることで脂肪燃焼を促し、セルライト除去が可能になります。体の中の水分の量を適正な状態にしておくためには、ビタミンCの摂取が有効です。一日の終わりが近づくとむくみが気になり始めるという女性も多いですが、むくみはセルライトの要因になります。カリウムを多く含んでいる食事をすることで、塩分排出を促す効果があります。減塩の食事をするのもいいでしょう。セルライトを除去するには、むくみ対策に有効な食事や、基礎代謝を高めるための食事をすることがおすすめです。毎日の献立をもう一度見直してみることは、セルライトの除去にいいだけでなく、健康な体づくりや、ダイエット効果が期待できます。

セルライトの除去ならエステサロンがおすすめ

最近では、セルライトを除去するために、エステの施術をうけたという人が、珍しくなくなっています。皮下脂肪と、老廃物とが絡まり合ってセルライトになってしまうと、独力で取り除くことは、まず無理だとされています。セルライトの除去は、マッサージ等で可能な場合もありますが、エステの施術を受けた方が確実性があるでしょう。エステサロンにいくと専用の機器があるので、セルライトを除去する効果がある施術を受けることができます。セルライトを除去し、皮膚を引き締めるための施術は、エステでは幾通りかあります。キャビテーション、ラジオ波の使用、ハンドマッサージやハンドトリートメントが、セルライト除去施術として行われています。マッサージや、トリートメントケアを、エステスタッフが手ずからしてくれるのが、ハンドケアのコースです。セルライトの部分の血液の流れをよくし、代謝を促進するためのマッサージがあります。マッサージケアでは、セルライトの除去効果があるだけでなく、血液のの巡りがよくなることでむくみが解消され、代謝の活発な状態にすることが可能になるといいます。ラジオ波やキャビテーションなど専用機器を使用した施術では、直接脂肪に働きかける効果があるので、即効性を期待することができます。痛みに弱い人は、ハンドマッサージ施術によるセルライト除去施術は、皮膚にかかる力が強すぎて苦痛に耐えられないこともあります。強い痛みがある施術はうけたくないという人は、セルライトを除去するためにマシンを活用する方法を選ぶほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク