キヤベツを利用したダイエット

なんと30代で10代の約半分!?

10代20代の方はご遠慮ください。30代以上でなかなか痩せない理由はこちらです。●●●●がなんと30代で10代の約半分になってしまうからなんです! ⇒ 一生ぽっちゃり、と思っていたのに・・・。

 

スポンサーリンク

キヤベツを利用したダイエット

一時流行したキヤベツダイエットは、食べ方に工夫をする事で、継続可能なダイエット方法だと思います。全ての食事にキヤベツを用いようとすると、飽きてしまうのは目に見えています。幸い、キヤベツには色々な食べ方があります。朝は、他の野菜と一緒にスムージーにする方法がおすすめです。昼食には千切りにしたキヤベツをサンドイッチに挟めると美味しく食べられます。夕食は、キヤベツをざっくりカットして、ポトフ等のスープの具材にするすることで、簡単にキヤベツを食べることが可能です。キヤベツを食べ続けるのは大変ですが、キヤベツを食べることを意識しすぎることなく、料理に組み込むことができれば、キヤベツダイエットは続けやすいでしょう。ほうれんそうや、ごぼうなど低カロリーの野菜を使うことで、キヤベツダイエットのキヤベツがきついという人は目先を変えることができます。キヤベツは、糠漬けや一夜漬けなどの漬物にする方法でも、ダイエットとして成り立ちます。ビニールの袋の中にキヤベツやニンジンなどの野菜を投入し、味噌や塩麹、塩昆布等を加えて、袋ごと揉むことで味が入り、おいしい浅漬けをつくることかできます。ダイエットにいいだけだなく、漬け物として立派な料理として食卓に出すことができますので、試してみてください。それらに軽く、寿司酢を振り掛けて、生姜の細切りを混ぜ合わせると、キヤベツの芯の部分の甘味も感じる酢の物が出来上がります。スープに、小鉢に、漬け物にと、キヤベツは様々な形に変えることで料理に加えることが可能です。食事内容を見直して、ダイエットをしたいという人は、キヤベツを積極的に使っていきましょう。
スポンサーリンク