コレステロールを下げるDHA&EPAの選び方

なんと30代で10代の約半分!?

10代20代の方はご遠慮ください。30代以上でなかなか痩せない理由はこちらです。●●●●がなんと30代で10代の約半分になってしまうからなんです! ⇒ 一生ぽっちゃり、と思っていたのに・・・。

 

スポンサーリンク

コレステロールを下げるDHA&EPAの選び方

コレステロールを下げる効果の期待できる栄養成分を摂取する人が増えているようです。コレステロールが気になる人におすすめというサプリメントはいくつもありますが、どのサプリメントがいいものでしょう。サプリメントでコレステロールを下げたいという人には、DHAやEPAがよいといいますが、どちらのサプリメントとも、金額がピンからキリまで揃っています。もちろん毎日摂取するものなので、安いサプリメント商品のほうがより良いと考えられます。DHAやEPAは、血液をサラサラにし、上がってしまったコレステロールを低くするものです。金額だけで商品を選択すると、有効な成分が十分に含まれていないという可能性もありますので、しっかり確認しましょう。DHAやEPAは安い成分ではありません。値段が安いサプリメントは配合されている成分の量が少なかったり、粗悪な原材料を使っていることがあるので注意しましょう。コレステロールを下げたいならば、400mg/1日のEPAや、DHAを体内に取り入れるようにしましょう。成分表示などを確認して、1日に摂取できるサプリメントでのDHA、EPAの分量を把握しておくといいでしょう。1日あたりに必要な摂取量よりも少ないと効果がないので意味がありません。コレステロールを下げるのに役立つ成分であるEPAとDHAは、主に魚の脂に含まれている成分です。原材料に魚を使っている場合、魚自体が質のいいものか、環境汚染などにさらされていないかを確認しましょう。大手のサプリメントメーカーが作っている商品なら安心感がありますので、初めてコレステロール対策をする人にはおすすめです。
スポンサーリンク